FC2ブログ

久々の更新と ご報告

4か月ぶりにブログアップさせていただきます。
ずいぶん更新していなかったので、見てくださる方がいらっしゃるかどうか?
ちょっぴり不安もよぎりますが

東京の生徒さん達には お伝えせねばならない事でもあり…、
つらい話で恐縮ではありますが…、
ご報告させていただきます。

実は―、
去る1月22日に 「火災」で全焼という事態となりました。
うちの母屋が火元であった為
風向きの影響で 私の生活および仕事スペースは全焼
今まで 自分なりに一生懸命築いてきたもの 大切なものすべて焼失してしまいました。

1年で1番寒い季節の朝でしたし
パジャマのまま みちるを連れて出て来るのが精いっぱいでしたので―、
火災当日から数日中に 友人たち生徒さんたちが持ち寄ってくださった
寝具 ストーブ 衣類 生活道具などなど…
本当に本当にありがたかったです。

連日 消防と警察による現場検証 事情聴取が続きました。
2か月間もの間 現場へは立ち入り禁止状態だったため
近隣の方々への多大なご迷惑をおかけしている事が1番気がかりでした。

うちの敷地300坪 加えて両隣へ延焼させてしまったことで
火災現場の後処理は膨大で もうしばらく かかりそうですが、
高齢の父親に代わって 私が できる限り対応していかねばならないと思っています。

しばらくの間、人が大勢いる場所 にぎやかな場所へは行けませんでした。
40年間 お花の仕事を続けてきた私でしたが
まさかの事態に直面し、
先が見えない状態に鬱々とした日々が続きましたが―、

雪溶けと春の日差しとともに 私自身の気持ちも少しづつ 日常を取り戻しつつあります。

秋頃には 祖父が残してくれた自然豊かな土地に家を建て
仕事も再開できるように…と いう想いでおります。

人生何が起きるか わからないものですね…

目に見えるものは一切なくなってしまいましたが
友人知人から 沢山の励ましと勇気をいただきました。
これほど「人」のありがたさを痛感したことはありません。

新緑の美しい季節
幸せなことに 太陽と植物から 元気をもらっています。

また1歩づつ 進んでまいります。
今後とも よろしくお願いいたします。 

スポンサーサイト



月1のお楽しみ会

月1回の集まりの場へ行きました。
年の始めだったせいか この日は 12名もの参加でした。

飲食と音楽とおしゃべりの場
「さくら会」にちなんだケーキが素晴らしい

DSC_5157トリミング縮小


1月のお誕生日の人が3名
なぜか プラス+2名(?)
皆とってもいい表情なので
勝手にブログアップさせていただきます
1547627700449トリミング縮小

心が折れそうになる時や 現実に押しつぶされそうになる時があっても
さくら会の場で 癒しの音楽と 皆の笑顔に包まれると
元気と活力をもらっている私です

ありがたい場所です

沙耶のこと

2003年 生後半年の沙耶
1年前2002年に亡くなったメグ(三毛猫)の写真の横で撮影しました。
2003_1006_084054-P1000005サヤ6カ月縮小②


1歳の頃は超おてんば娘で 
冷蔵庫の上にあがったりして 好奇心いっぱいでした
2004_0620_225653-2490トリミング縮小


3歳の冬 
寒い時はヒーターの上がお気に入りでした。
2006_0111_131648-トリミング縮小


5歳 だいぶ大人になって
教室のレッスン中は よく見学したりしていました
2009_0107_191648-780縮小


2010年 7歳の時に
新たな家族みちるが来た時は 拒否反応がひどく
すっかり性格が変わってしまいました

ずっと一人っ子だった沙耶には 本当につらい想いをさせてしまいました
2010_1017_143616-070トリミング縮小


沙耶13歳 ようやく みちるとの距離が縮まったような感じで
こういうときは必ず写真を撮りました
DSC03343トリミング縮小


沙耶14歳 珍しい 嬉しい2ショットです。

この後 住み慣れた家を離れました。
その頃から認知症の症状が現れ
一気に老化現象が出始めました
DSC_1768トリミング明るさ調整縮小

元の家に戻ってきてから 1年後
ひどかった老化現象が少しづつ回復してきました。
亡くなる前日には ほとんど正常にまで回復していました

前は そそうも多かったのに その夜はちゃんとトイレに入り
けれど その中で動けなくなり
数時間後には息絶えてしまいました

自分の最後を知っていて
心配かけまいとしていた 気高いサーヤの最後は 本当に見事でした
本当にお利口さんでした

かなり悪化していた沙耶の老化現象には 
連日ため息をつくことも多かったのですが・・・
今思うと、私は家族として試練を与えてもらったと思います。

火葬場にて最後のお別れの時
「沙耶ちゃん ありがとう」と 感謝の言葉で見送ることが出来ました

サーヤの旅立ち

突然のことでした。
うちの沙耶が急逝しました。

前日は ヒーターの前でみちるとくっついていて 
DSC_5135トリミング縮小

ベッドの中に入っては お休みしていました。

その夜は いつもより少し元気がなかった様子ですが
食事もゆっくり食べられましたし…
DSC_5136トリミング縮小


明け方 気になって見にいったところ
トイレの中で動けなくなっていました。

抱っこして 撫で撫でしながら 
サーヤと呼ぶと
口だけは動かすのですが 声にはならず…

朝8時過ぎ 獣医さんに連れて行き 確認してもらいましたが
やはり 「最後」でした。

朝にはまだ暖かったサーヤの身体は 晩にはかなり冷えてきて…
少しずつ私の気持ちの整理もついてきました。
DSC_5147トリミング縮小

そして 今日 火葬と略式のお葬式をしてもらいました。
小さかったサーヤは 今 小さな骨壷の中です。
DSC_5150トリミング縮小

サーヤとの15年10カ月
みちるが来たことや 引っ越し等
つらい想いを沢山させてしまいましたが…

今日 私は沙耶に 「ありがとう」の想いで
旅立ちを見送ることが出来ました

My Birthday

65年前の今日 1月5日
母が私を産んでくれた記念日です。

母と一緒にお祝いしようと 
お世話になっている施設へ 喜々として出かけました。

が意外にも よく理解できないようで

お誕生日や行事等は 毎年欠かさずお祝いしてくれる母でしたのに…
私は紙に書いて 何度も繰り返し伝えました。
少しは理解してもらえたかしら…

ちょっと寂しい気持ちになっていたその時
先週持ってきた椿が 開花しているのに気付きました
DSC_5122トリミング縮小


かなり雪が積もっていた庭へ踏み入り
母が手入れをしていた庭の植物のひとつで
雪がかぶっていた椿の枝を 切ってきたものでした。

見事に開花したのを見て 嬉しくなりました
DSC_5116トリミング縮小

母の認知機能が低下していっても
一緒に「綺麗ねぇ」と言い合えたことが
とっても嬉しかったです。

嬉しいお誕生日になりました。
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR