文化会館と絵画

能代にゆかりのある日本画家 6名の方々の作品展を見に行きました。
DSC02045縮小トリミングy

全35展中 13展を出品している
佐藤緋呂子さんの絵に 惹かれました。

DSC02030縮小トリミング


すべて女性を描いたもので 独特のブルーがとってもステキでした。
DSC02029縮小トリミング


DSC02033縮小トリミング


とりわけこの絵が美しくって…、 何度も見入ってしまいました
DSC02031トリミング縮小



明治生まれの画家 高橋秀光氏の 繊細な作品にも 惹かれました。
DSC02036縮小トリミング


この絵は 「当時の女学生」という言葉が連想され…、凛とした風情です。
DSC02035トリミング縮小



文化会館を出ると、美しい青空でした。
図書館前の 銀杏の葉とのコントラストが美しい

DSC02037縮小


人影もまばらでしたので、 しばらくベンチに座って 木々と空を眺めていました。
DSC02039縮小

終戦から 70年目の今日 8月15日の夕方 
文化会館内の敷地で ゆっくりした時間を過ごしてきました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感謝です

展覧会を観ていただきそしてブログに載せていただきありがとうございます。自分の絵にしばらくぶりであえて嬉しいです。
能代でのご活躍をお祈りしています。
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR