夕焼け空

珍しい夕焼け空です。

今まで住んでいた場所と違って
うちの前が こんなふうに 空が大きく見えます。

DSC_2748トリミング


反対の東側はこんな空色で
ノウゼンカズラが良く映えます。

DSC_2752トリミング縮小

美しい夕焼けを見られて
ほのぼのした気持ちになりました
スポンサーサイト

雨中のトレッキング

能代市主催の「自然観察会」へ参加してきました。
今年は「十二湖」と「留山」をめぐるコース

申し込み時は すでに定員になっていた為
ほとんど諦めていたところ
前日 キャンセルが出たとの電話をもらい
まさかの 繰り上げ参加となりました。

あいにくの小雨模様の中
12カ所の池周辺を 約2時間半位で巡りましたが
いずこも靄がかかっていて 幻想的な風景です。

DSC_2639縮小


やはり 1番人気の青池は 引き込まれる美しさでした!
DSC_2646縮小


DSC_2642縮小



午後からは 待望の留山へ―!

DSC_2650縮小


が 雨脚が強くなり
上を見上げることもできず
ぶぬれで歩くのは つらい状況でしたがー、

DSC_2654縮小


フジづるに絡まれたブナの大木と
靄のかかった風景は
まさに“幽玄美の世界”です。

DSC_2655縮小


DSC_2659縮小


留山の植物群を見ることが 1番のお目当てでしたが
前回に引き続き あいにくの天候でしたので

DSC_2662縮小


またまた 時間へのお楽しみとなりました。
DSC_2664縮小

その時その時で 違う表情を見せてもらえることも
自然の醍醐味なのだと思います


新緑の白神山地Ⅱ

午後からは 岳岱自然観察教育林

ここは私が最も好きな場所で 今回で5回目です。
が、新緑の岳岱は 昨年1昨年の土砂崩れによる通行止めの為
今回はようやく 3年ぶり2度目です。

なので 快晴に恵まれて ワクワク気分でやってまいりました。

ところが お弁当を忘れてしまい・・・
ペットボトルのジュースだけで我慢しようと思っていたところ
なんと 周りの方々から おにぎり、お惣菜、お菓子諸々
色々おすそ分けがぐるぐる回ってくるではありませんか・・・

もちろん 初対面の方々ばかりですから
恐縮してしましました。 
 
ほのぼのした 楽しい思い出になりそうです。

DSC_2521縮小


岳岱のシンボル 400年ブナ
何度見ても、その神々しさに感動します。

DSC_2523縮小


横たわったに倒木に コケや新緑や可愛い花まで
胸がキュンとします。

DSC_2532縮小


大好きなモリアオガエルの池
DSC_2544縮小


6月は繁殖期とのことで
今回初めて 生きているオオサンショウウオとモリアオガエル
両方を見ることができました。

DSC_2545縮小


森の中で共存している 生命の循環に感動します。
DSC_2541縮小


ブナの足元には 長年積もった落ち葉と 緑のシダが共存しています。
落ち葉の下には、水を蓄えている貴重な森です。

DSC_2559縮小


上を見上げると、ブナの葉の緑が本当に美しい!
DSC_2561縮小


この可愛い花は ズタヤクシュ
DSC_2562トリミング縮小


このブナの存在感はすごい! 圧倒されます。
DSC_2577縮小


400年ブナと違って、この大木には直に触れることが出来るので
生命力を実感できます。
あぁ すご~い

DSC_2575縮小

いつ来ても 何度来ても その時々で違う感動があります。

鳥のさえずりと 風の音を感じながら
もう少しゆっくり ここに佇んでいたい と思います・

最高のリフレッシュタイムでした

新緑の白神山地

久々に快晴の白神山地トレッキング

昨年も一昨年も 
新緑の頃は 土砂崩れの為に通行止めでしたので
待望の6月の田苗代湿原です。

が 花の季節には少し早すぎたようでした。
ニッコウキスゲはまだ固い蕾ばかり…、

が とりどりの緑が 最高に美しく
水芭蕉の葉が大きくて キラキラしていました。

DSC_2513縮小


イワウチカエデ
DSC_2520縮小


エンレイソウ
DSC_2501縮小


葉脈が美しい!
DSC_2475縮小


シラネアオイが ひっそり優雅に咲いていました。
DSC_2509トリミング縮小


この日 見たニッコウキスゲは この1輪だけ
DSC_2481縮小



1本の大木に 数種類の植物が共存している姿は感動する・・・

DSC_2477縮小

6月の田苗代湿原は 緑の美しさに感動がいっぱいでした

久々の裏庭

庭の手入れをしていた母が 
家を離れて 1年が過ぎました。

久々に裏庭へ行ってみました。

DSC_2443縮小


人知れず 花が咲き誇っている様子に
胸がいっぱいになりました。

DSC_2441縮小


山吹もキーウィも
DSC_2413縮小


ライラックも イチョウも 葉が茂っていました。

DSC_2414縮小


足元にも あちらこちらに草花が咲き乱れています。
DSC_2410縮小

自然の生命力が感じられる庭も好きですが
このまま手を加えないでいると
荒れ放題の庭になってしまいそうで 心配になりました。

都忘れを沢山積んで
明日 母の所へ持っていこうと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR