絵画展にて

千秋美術館へ行ってきました。

印象派の画家が好きな私には珍しく―、
今回は、日本人画家の絵ばかりを集めた絵画展です。

それも 日本画と洋画が半半という構成でしたので、
特に、掛け軸の墨絵や美人画 といった、
私には 見る機会の少ない明治期の作品は 新鮮な驚きがありました。


絵画展

けれど、なじみのある洋画の方が、やはり スッと入ってくる感じがあり、
上記チケットの 黒田清輝の 「木かげ」は圧巻でした。

今回 1番心に残った作品は、藤田嗣治の「EVE」 と~っても美しい絵でした。
この”1枚の出会い”が、私は最高に嬉しい!!

家を出る朝、大雨だったのが、午後にはすっかりあがっていて、
ニコニコ気分で帰宅することができました。
スポンサーサイト

素敵な いただきもの

え~っ 白いゴーヤ?
はじめての出会いでした。
色 形とも とっても綺麗なので、
カクレミノの葉を敷いて 撮影してみました。
 
栽培して、お届けいただいた Tさん、有難うございます。
今晩、いためものにしようかな・・・、と思います。

ゴーヤ

               食べ物って、作ってくださった方のことを想うと、
                      より美味しく味わえるものですね



こちらも、とっても美しいお菓子!
1個1個すべてに 夏の風物詩が描かれており、とっても手が込んでいます。
その上、味もそれぞれ―、みな良いお味です。

京菓子

”わあ~可愛い!” 
”これは なにかしら?” 
”食べるのが もったいないわねえ” とか言いながら、
皆さんと、楽しい会話が生まれました。

目と舌と、両方で楽しめるお菓子って、ステキですね

Yさん、ありがとうございます。



嬉しい!

6歳になったばかりの友輔君に、抱っこしてもらいました!

友輔君の小さなお膝から みちるの大きなお尻がはみ出しており
チト 危うげではありましたが・・・、  
                やっぱり みちるは 「抱っこ」されるの大好きです~

友輔君とみちる②小サイズ   友輔君とみちる小サイズ


ようやく涼しくなったので、窓辺の植物たちも、息を吹き返してきました。
      窓辺の花②

     そして、 今夜は きれいな三日月でした。
              綺麗な三日月②    
                               嬉しかったです
 

今日も みちるは―、

相変わらずの甘え上手で―、「抱っこ」大好きなのです
”あれっ、この子 だぁれ?”

大渕さん親子とみちる③


喉を「なでなで」されるのも だ~いすき   でも しっかりカメラ目線になります。
まなちゃんとみちる③   マナちゃんとみちる④

まなちゃんが帰ったあとは、こんななっちゃって…
まったく~~
みちる

それに引きかえ、サーヤは不器用な子で…。
サーヤ

2年前、みちるがうちに来てからというもの―、
沙耶(通称サーヤ)は すっかり性格が変わってしまいました。
人相も険しい感じになり、ますます「孤高」な子になりました。

でも 私にとっては、どっちも可愛い 大切な子達です

畠町新拠点でのレッスン

今回のテーマは、「花壇風アレンジメント」
この画像はー、
9月のレッスン用にと、あらかじめ 私が、制作したサンプルです。

畠町新拠点レッスン用サンプル

そして、下の画像は、生徒さんが レッスン時にアレンジしたものです。
当日使用した器と、花材の1部が異なりますが―、
大体、良い雰囲気に仕上がりましたねっ
2012-9月・畠町新拠点レッスン

サンプルを用意することについては、良し悪しがあります。
各々のイマジネーションを広げていただく為には、サンプルはない方が良いのですが…。

ありがたいことに、中心市街地活性化室が、色々 PRして下さっているので、
ポスター、チラシ製作の為に サンプル画像が必要ということなのですね。

今後、より充実した講座になりますように―

今日のみちる

「おなごり」の夜、いろんな方達のお相手をしたみちるは―、
 休憩中?

みちる③


”ちょっと疲れちゃったなぁ~”
みちる④


”なんか 眠たくなっちゃったぁ…”

みちる②


”おやちゅみ~~”
みちる①

  
ハイ、ごくろうさまでした

みちるは招き猫?

9月8日は おなごりフェスティバル―、

うちの前の道路は、パレード会場のすぐ近くなので、1年で1番 人通りの多い日です。
なので、この日は例外で、夜8時半頃まで お店を開けていました。

が、「盛岡さんさ」と「ねぶた」だけは、私 走って見てきました。(好きなもので…)

ねぶた

この間、来客はあまりないのですが―、
ドアの内側から外を眺めている うちのみちるを見つけると、
ほとんどの人が立ち止まります。
特に子供は 99% ”あっ猫だぁ!”  ”可愛い~~” とか言われます。


パレード終盤頃、やはり猫目当てに入っていらしたご家族が、
皆、とってもいい笑顔なので、ついパチリ!
失礼ながら―、勝手にアップさせていただきました。


猫好き家族


さすがのみちるも 最初、緊張気味ではありますが、
                   すぐに慣れちゃう性格なのです。

抱っこ③  抱っこ④ 
抱っこしていただいて、有難うございます。

このご家族の笑顔を見ると、私まで ほっこりした気分になります。
みちるが笑顔を招いてくれたのね・・・

家庭菜園からの贈り物

友人が、自家栽培の野菜を届けてくださいました。
新鮮な野菜って、美しいです~

野菜色々

特に このかぼちゃは、
鑑賞用の「おもちゃかぼちゃ」か? と思うくらい綺麗!!

かぼちゃ①

切り口も美しかったです。
*暗めの場所で撮影した為、実物より くすんだ色に見えますが・・・。

かぼちゃ②


寒麹に漬けて、数時間後―、スライスしていただきました。
う~ん 美味しいです~
シャキシャキの感触の中に、ほのかな かぼちゃの味わいがあります。
かぼちゃの御漬け物

お初の 「綺麗かぼちゃの浅漬け」―、ステキな野菜との出会いでした。
Nさん、ごちそうさまでした

美術館の人混み

東京都美術館へ行ってきました。
日曜日の午後だけあって、上野公園はやはり 賑わっていました。
のどかな感じです!

CIMG5216東京都美術館

   が、美術館入口の人だかりにびっくり!!! 
  「マウリッツハイス美術館展」入場まで なんと30分待ちの表示と 長蛇の列だったのです。
          入場後も ものすごい混雑で、絵の前まで なかなかたどりつけません。

                 CIMG5214フェルメール展

極めつけは、やはり、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」
広い展示室に これ1枚きり!
しかも、そこにたどりつく迄、何列にも蛇行する行列!!!
躊躇するも、またまた覚悟して、30分待ちです。
ようやく絵の前までたどり着いても 立ち止まることはできず、
あ~あ~~~、人に押され押され~、
それでも、しっかり目に焼き付けようと 必死でしたぁ。


フェルメール

ああ、しんどかったぁ!
こんな絵画鑑賞ははじめてでしたが・・・、あとで、きっと 楽しい思い出になりそうね

新幹線の車窓から

久々に朝の新幹線に乗りました。

うわ~、こんなに素晴らしい景色を見られるなんてぇ!!!
大曲を過ぎた辺りから、シャッターをきりまくりました。
が、ほとんど電柱や電線が写りこんでしまい、
5回に1回くらいしか、うまく撮影できませんでしたが・・・・。


 新幹線の車窓から⑤

真っ青な夏空と白い雲、稲穂の緑 
う~ん、正に自然のなせるこの配色、美しい~~~!


新幹線の車窓から①

家が写りこむと、絵になります!
新幹線の車窓から⑥

この時期は、こんなに稲穂が重そうにもたれているんですねえ・・・。
新幹線の車窓から②

盛岡を過ぎると、線路脇のガードレールが高くなるため、下側の景色が隠れてしまいます。
なので、カメラを上向きにしてー、空を中心に撮影すると―、
変化する雲だけ見てても飽きないくらいでした。

新幹線の車窓から③

日中の移動は、時間がもったいないと思っていましたが、
今回は、車中に居ながらにして、こんな感動を味わえて―、
嬉しい経験でした
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR