親類の猫たち

 みちるの実家に 立ち寄りました。

  この子は トラちゃん 
  ムチムチしてて 小顔、 やっぱり女の子は可愛い
  なんか 物思いにふけってる…?

2013-10-30三浦とらチャン




  あぁ 久々に会えましたねえ~、ルイちゃん
  みちるのお兄ちゃんです。
 
  アメショーなみの毛色が自慢の 優しい子
  赤ちゃんの頃、うちで3日間過ごして 私が名付け親なのですよ。
  顔はみちるにそっくりですが、性格は臆病なそうな…

2013-10-30三浦るいチャン


    帰宅後、
    この子らが 珍しく くっついていると、嬉しくなって―、 
    すぐに撮影してしまいます
    すっかり うちの子になった みちると 先住猫の沙耶

2013-10-30沙耶&みちる

    兄弟が離れ離れになって ちょうど3年
    ルイちゃんに再会させてあげたいなあ… と想いました
スポンサーサイト

新車到着

 14年ぶりの新車 ようやく到着しました。

 ここしばらく雨が続いたので、久々の晴れ間を縫って 記念撮影をしました。
 だって このピカピカ状態は  今だけだから…

 初の軽自動車 初の4駆、 名前は 「スズキ スペーシア」です。

2013-10-23新車到着


初のスライドドア
ドアもエンジンも キーレスでOKとは… お初づくしです

2013-10-23新車到着④


もともと 四角い車が好きなのですが

2013-10-23新車到着⑤jpg


開口部分が こんなにも広いところが 気に入っています
2013-10-23新車到着⑥


車体色も お気に入りだし…
2013-10-23新車到着②


車高が高いので、乗り降りが楽で
視界が広いことが なかなか 快適なのです

2013-10-23新車到着⑦

 最後に 「落ち」がありました。

到着した翌日、ナンバープレートの色が気になりました。
こんなはずじゃなかったのに…??? と。

その後、運転してみて 気付きました。
あらあらっ?  黄色いナンバープレートをいっぱい 見かけるし…、
おやっ?  それも皆 小型じゃないの~???

今頃になって わかりました。
軽自動車のナンバープレートは 皆 黄色であること
そして、私が パンフレットや インターネットで、車選びをしている段階では
ナンバープレートは付いていなかった ということ 
あぁ 知らなかった~~

大きな買物なので、納得いくようにと 色々調べて決めたつもりでしたが…
そうだったのかぁ~  
勉強になりました

畠町新拠点、10月レッスン

今月は 「ハーフムーンスタイルのドアスワッグ」を制作しました。

     花 1種 … ソーラーローズ
     実 3種 … ハスの実、ブナの実、フヨウの実
     葉 2種 … イタリアンルスカス、アイビー

2013-10-21畠町新拠点10月レッスン③pg

      
  こちらは ソーラーローズの色違いです。
2013-10-21畠町新拠点10月レッスン5
   
                    いい感じに仕上がりました

うちの子(猫)達・10月編

  一触即発
 二人が こういう体勢になった時
 決まって、私は 「仲よくしてね~」 と声をかけます

2013-10-17沙耶&みちる


と思ったら、そろって 眠そうな顔して…
あら あら

2013-10-17沙耶&みちる②


その後、 沙耶は やはり
「 一人で ゆっくりしたいのね」

2013-10-17沙耶&みちる③


みちるは すぐに私の所へ来て、 スリスリ~
2013-10-17沙耶&みちる④

対照的な うちの子達です。
寒くなってきましたが―、おかげで ホッコリされてます

雨の二ツ森登山

前夜の強風と雨が気がかりでしたが…
 当日の朝も 登山口に向かう車中、雨が降り出しました。

 降ったり やんだり の状態ではありましたが、
 朝8時半頃 まさかの この悪天候の中
 いざ 二ツ森登山 スタートしました

2013-10-13二ツ森登山



雨降る中、足元はぬかるみの為、歩くのがやっとなのに、
 それでも必死に 写真撮影をしていたら
 なんと カメラが濡れてしまっていました

 レンズを拭く余裕もなく・・・、
 あとで確認したら 写真のほとんどが 残念なことになっていました


2013-10-13二ツ森登山③


頂上からの展望は いまひとつでしたが…
2013-10-13二ツ森登山④


紅葉が、とっても綺麗でした
水泡の跡が写りこんでしまいましたが
2013-10-13二ツ森登山⑤jpg


下山する頃には、雨が上がり
2013-10-13二ツ森登山⑥


時折、青空もチラリ 垣間見え
ようやく フードをはずせるようになりました。
が、下り坂はひどく滑るので、
ず~っと 足元を見ながら ギリギリ 歩を進める状態でした

2013-10-13二ツ森登山⑧

大好きな紅葉の中を歩けることは とっても嬉しかったのですが…
やはり、晴れていたら、何十倍も楽しかったことでしょう
次回こそ~
あぁ 足腰を鍛えておかねば…






午後からは、三十釜散策
2013-10-13二ツ森登山11 


「ルーペの会」の方の説明が 有難かったです。
2013-10-13三十釜散策  2013-10-13三十釜散策③ 2013-10-13三十釜散策②


ここへは 夏に是非 来てみたいところです。
2013-10-13二ツ森登山13

   三十釜へは 気軽に また行けそうな気がしますし、
   散策は 本当に楽しかったです
    
   あぁ これで また明日から がんばれる~~

   いい時間を過ごしました

市民体育館前 秋

 近所の市民体育館前の花壇

 秋の草花が 無造作な感じで 咲いていて… 
 しばらく 佇んでしまいます  癒されます

2013-10-2市民体育館前
 


 実は―、ずっと前から この花壇の枠の形が気に入っていました。
  この独特の曲線は、ちょっと珍しいデザインで 雰囲気があるのです。

  もしかして~~? 
  行くたびに、気になっていました。

2013-10-2市民体育館前③


  今日、市役所に電話して 聞いてみましたら
  やっぱり~~、私の勘が当たりました~。
  そう、能代市の 旧 市章でした

  市章は 合併後に 変わったということですが―、

  東京オリンピックの時に ここができて
  小学生だった私は 時々 この公園のブランコや池で遊んだ記憶があります。

  この花壇の形に 愛着が感じられたのは、
  やはり、昔の良き思い出と オーバーラップしていたのかもしれません


2013-10-2市民体育館前④
 
  合併とともに 能代市民歌も変わったけれど、
  花壇に 旧市章の名残りを とどめているのは、嬉しいこと
  と 改めて想いました

烏骨鶏の卵

貴重なものをいただきました。

烏骨鶏(うこっけい)の卵 とは…、珍しい!
烏骨鶏のカステラとか、プリンとか、出ているのは聞いていましたが、
卵そのものを はじめて拝見しました。

2013-10-4ウコッケイの卵



さっそく WIKIPEDIAで調べてみましたら、
へえ、そうだったの~~~
以下、写しです

 ↓
烏骨鶏(うこっけい)とは、ニワトリの品種名である。英名はSilky Fowl。  烏骨(黒い骨)という名が示す通り、皮膚、内臓、骨に到るまで黒色である。羽毛は白と黒がある。成鳥でも  ヒヨコ同様に綿毛になっている。 足の指が、普通のニワトリと同じ前向き3本に加え、後ろ向きの指が普通のニワトリの1本に対し2本(3本)あり、計5本(6本)あるのも大きな特徴である。一般的な鳥類は指の数が4本であり、5本(以上)ある種類は本種のみである。
一般的なニワトリのみならず、鳥類全般から見ても特異な外見的特徴から、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価である。



せっかくのものなので、まずは 生で
2013-10-4ウコッケイの卵③


それから 茹で卵にしました。

2013-10-4ウコッケイの卵②
 

確かに 濃厚なお味でした
ついでに お値段は如何ばかりかしら…?と 
ネットで調べてみたところ
なんと 1個 ¥300代~¥400代  ビックリするお値段のものでした

まぁ まぁ まぁ~  Fさん 有難うございます~

New  ドライ・オ―ダーアレンジメント

   結婚40周年のお祝い に とのご注文をいただきました。
  
    きっと仲睦まじいご夫婦なのでしょうねえ… と想いつつ
    「伸びやかな花束風」 壁掛けアレンジメント に仕上げました。

    箱に入れて 封をして、リボンを付けてから
    うっかり写真撮影していなかったことを 思い出し、あわてて

    なので、ちょっと中途半端な撮り方になってしまいました

2013-10-1ドライアレンジ②

  
         本当は この角度で  壁に掛けていただくものです 
         CIMG8335ドライ花束④jpg
              お送りする方からの 祝福の気持ち
             その懸け橋 に なれたら… 幸いです
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR