感動!

能代駅ホームにて

「リゾートしらかみ」という JR五能線をめぐる観光用列車の
停車時の わずか10分間
能代のPRと お客様へのおもてなしをしよう という趣旨のもとに
ここへお手伝いに行きました。

向こう側には、
市内の有志数店が 能代の名産品を販売するオーナーがあります。

私は 音楽グループ ”オカリナむ~”の 自称 №1サポーターなので、
おもに 写真撮影係です。

CIMG0489能代駅


列車が到着して 乗客の方々が集まって来て
演奏に聞き入ってくださいました。

CIMG0503能代駅②


そして、列車の発車間際  
バスケットボールのかぶり物の男性の方が ホームを走り出しました。

全車両の端から端まで、ホームいっぱい走っては お辞儀 走ってはお辞儀
”能代にお越しくださって ありがとうございましたぁ~”と 
大声で 何度も何度も ごあいさつをする…、

それを文字にしたプレートを抱きかかえて…、
走り去る列車に 大きく手を振り 会釈する。

私も 一緒に手を振りながら、涙があふれてしまいました。

CIMG0504能代駅④


次の列車到着迄の間、近くの観光案内所へ移動しました。
ここで さらに、この方の おもてなしの心をお聞きして 
その熱い想いに圧倒されました。

CIMG0506能代観光協会


そこへお客様が入っていらしたので、
予定外のミニコンサートが始まりました。

小雨降る外へ出て、 感無量のご様子でー、
この時 この方(観光協会の方)は涙していたかもしれません。

CIMG0511能代観光協会③

すごい!
能代に こんな 素晴らしい方がいらっしゃることに、感動しました。
聞くところによると、
数年前に ひょんなことから 能代にいらした方だそうな…。
地元愛を超えた 深い熱い気持ち に感動しました。

いい日でした
スポンサーサイト

木の命

 数日前 畠町で伐採されたプラタナスを
 うちのガレージに 運び入れてもらいました。
 高さ 1.5メートル 直径 35センチ ですが、
 何せ生木なので ものすごく重くて―、
 おとな数人がかりで 運び 届けていただきました。

 転倒防止の為 やむなく 柱にくくりつけましたが、
 なんだか、プラタナスが縛られたような姿になってしまいました。 

 暫くして 乾いてきたら、数個に切り分けるつもりです。
 花台等にして、少しでも生かして 使いたいと考えています。

CIMG0454伐採プラタナス


先週伐採された7本のうち、1本は銀杏でした。
 これは、かろうじて 命びろいした ひこばえ
 うまく育ってくれるかしら・・・?
 ちょっぴり 不安です。

CIMG0476銀杏のひこばえ

 実は 「ひこばえ」 という言葉 初めて知りました。

    蘖(ひこばえ)とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。
     太い幹に対して、孫(ひこ)に見立てて「ひこばえ(孫生え)」という。
     春から夏にかけて多く見られるが、俳句では春の季語となっている。

  
 日本語は奥深いです。
  新たな事を知るというのは 楽しいことです

裏庭散歩

うちの裏手には こんなステキなところがあります。

 今は だいぶ寂しくなりはしましたが、
 一応 ここは 中心市街地のまっただ中
 この立派なケヤキを見上げるたびに、大きく深呼吸する私です

CIMG0333縮小トリミング②


 足元には 自然な感じで 咲き誇る 草花
  この「手つかず風」の雰囲気が大好きです。

CIMG0336縮小トリミング②


このお花畑の すぐ横には 階段があり
 この階段横の建物が うち(今は倉庫)です。

 小学生の頃 ここで 近所の子達とスキーとか ソリとかして遊びました。
 高校生の頃は、裏手の勝手口から この石段を登って 通学していました。

CIMG0346縮小トリミング


この辺りには今 可愛い草花が い~っぱい咲いていて 
 心が弾んでしまいます。 

CIMG0344縮小

CIMG0347縮小

CIMG0350縮小

最近では ここを通る人が少なくなった為、
 そのおかげで 元気に咲いている植物たち ともいえます。
 けっして雑草ではありません。 皆 名前を持っている草花たちです。

 いい季節です

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

根っこ達のゆくえ

根っこ達は、造園業の方のところへ行くことになりました。

 この大きさと重さは、人力では 到底 無理でした
 ひもをしっかり結び

CIMG0426縮小


クレーンで吊りあげて トラックの荷台へ運び入れる作業は
見ていて 圧倒されました。

CIMG0432縮小


60年の年輪と 力強い根っこを見て こみ上げてくるものがありました。 
CIMG0433縮小

畠町の街路樹を 皆 焼却処分にしないでほしい 
 何らかの形で 再利用してほしい
 という 個人的な想いで、これらを引き受けたものの…、

 結局 私ひとりで請け負うには 無理があったという結末でした。
 自分の力不足を思い知らされました
 そして やはり行政のバックアップが必要なことを 改めて 実感しました。

 能代の中心市街地で 子供時代を過ごした私にとって
 能代の「伝統文化と自然」 を大切にしたい… と 
 最近 一層 想います

木の生命力

木の根って まさに、人間の内臓部分なんですね~
 心臓と 血管のよう~。

 プラタナスは 樹皮や葉が美しく そこを見ては、感動していましたが…、
 今回初めて、地中に数十年眠っていた根っこの全貌を見て、
 これらの生命力に圧倒されました。
 地上に出ていた部分よりも 根っこの方が それぞれの違いも顕著で 
 皆 とても個性的です 感動します!

 あぁ やっぱり生きているのですねえ。

 畠町の街路樹だった この根っこたちは こんな姿になって…
 これらの悲鳴が聞こえてきそうな気がします。

CIMG0400トリミング

掘り起こしている現場で、 この後すぐに焼却処分になると聞いたので、
 「では 私が譲り受けます」と言ってしまい…、
 うちの駐車場へ運んでもらいました。

 畠町で60年生きてきた証を残したいと思いました。
 プランターや台等に 再生して、少しでも利活用ができるようにしたいと思っています。

 が 大きすぎて 重すぎて…、
 私一人の力では 動かすこともできない 無力さに愕然としています。

 自分の責任で行動したつもりが
 周りの方々へ ご迷惑をお掛けしていることも感じている 今
 あぁ なんとかせねば~~

畠町新拠点 6月レッスン

今月のレッスンは 「初夏のアレンジメント」

 木の実(オウリコ)の器に
 葉もの(ハツユキカズラ、アイビー) 実もの(アンバーナッツ、アイビーの実)を少しずつ
 そして、1ポイントは 濃い黄色のガーベラです。


2014-6-16畠町新拠点6月レッスン①


       足元のあしらいは、モスを敷いて 森の中風
       片や、黄色のラッピングペーパーで華やか風

2014-6-16畠町新拠点6月レッスン②
                
             いずれも 良く出来ました!

街路樹の行方

数日前に 近所の通りの街路樹 22本のプラタナスが伐採されました。
 
 数年前から、不自然な樹形が気にはなっていましたが…、
 融雪舗道の工事のために、皆 切られたことは ショックでした。

 その後の行く末が 気になり、何度か足を運んでは
 これらの木々に想いを馳せていましたが、
 今日、思いがけずも 同じ想いの方がたと出会い、
 伐採木供養をするに至りました。

2014-6-14街路樹伐採供養



 60年近く この場所で生きてきた それぞれの木は
  こんな姿になり、この後 根こそぎ 抜かれるらしいです

2014-6-14街路樹伐採供養②  2014-6-14街路樹伐採供養④


長いこと ここで 向こうの能代橋や 通りの様子を見守り続け
 時には、木陰を作ってくれていた プラタナスでした。

2014-6-14街路樹伐採供養③

今回のことで つくづく感じたことは、「人間の傲慢さ」です。

 動物も植物も 同じ地球上の生きものとして 共存共生していくべき存在なのに…、
 人間の生活上、便利なものを優先し続けた結果 
 様々な弊害が起きていることを 気付かない
 愚かさと 怖さを感じました。
 
 とはいえ こういう私も アスファルトの道に慣れてしまっていて
 文明の進化の恩恵に鈍感になっているひとりですが
 
 少なくとも、「緑と文化の街」 能代市民として 
 今後も 街の「緑」に寄り添っていきたいと 改めて想いました

Happy Birthday みちる

 みちる 4歳になりました 
 
今日のみちるは―、
お店のウィンドウで  置物みたいになっていました

2014-6-9うちの猫たち③
 


こんどは2階のお部屋で この姿
 本当に 丸々 しています。

 何を隠そう  実は 6、2キロになってしまいましたぁ
 1年前は 5、7キロだったのに…、
 「あら みちるちゃん、 また大きくなったんじゃないの~?」
 と よく言われていましたが―、 やはり…
 

2014-6-9うちの猫たち④

「みちる~」と呼んだら 一瞬 寝返りかと思いつつ
 やはり こんな体勢です
2014-6-9うちの猫たち⑤



 みちるの1番好きな場所は ここです
2014-6-9うちの猫たち⑧


2014-6-9うちの猫たち⑨

  肥満児になっても みちるは お構いなしの 甘えん坊でした  

New プリザーブドフラワーアレンジメント

   初夏色の 壁面用アレンジメント
   
    ようやく完成しました。
    横幅70㎝ で やや大きめ  お値段も 大きめです。


   ( ガーベラ2種 エリンジューム アジサイ サンウィーバイン エメラルドウェーブ アイビー 
2014-6-7オーダーアレンジ(ドライ)④



  仕上がりに合わせて 箱を作り  ラッピングして―。
   10名の仲間からの 心のこもったギフトです。 

   実は 私も そのうちの一人なのです。

2014-6-7オーダーアレンジ(ドライ)③

   明日 イベント会場へ お届けする予定です

New ドライ&プリザーブドフラワー アレンジメント

  ご注文のアレンジメント 仕上がりました。

 結婚祝いに贈られるそうです。
  新婚家庭の壁面を 彩ってもらえると 嬉しいですねっ 

2014-6-3オーダーアレンジ(ドライ)③




 こちらは お世話になっている美容院へのプレゼント とのこと。 
   2点で1セットです。
   いらっしゃるお客様が 元気をもらえるような 存在でありますように
 
2014-6-3オーダーアレンジ(ドライ)⑤   
                   2014-6-3オーダーアレンジ(ドライ)④


 こちらは 新築祝いにお持ちになるとのこと。
  小さなお子さんがいらっしゃるご家庭だそうで…
  幸せを呼ぶ 黄色い小鳥と そのファミリーをイメージしてみました

2014-6-3オーダーアレンジ(ドライ)⑥

         いつもながら 一生懸命 アレンジさせていただきました
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR