烏骨鶏の卵

貴重なものをいただきました。

烏骨鶏(うこっけい)の卵 とは…、珍しい!
烏骨鶏のカステラとか、プリンとか、出ているのは聞いていましたが、
卵そのものを はじめて拝見しました。

2013-10-4ウコッケイの卵



さっそく WIKIPEDIAで調べてみましたら、
へえ、そうだったの~~~
以下、写しです

 ↓
烏骨鶏(うこっけい)とは、ニワトリの品種名である。英名はSilky Fowl。  烏骨(黒い骨)という名が示す通り、皮膚、内臓、骨に到るまで黒色である。羽毛は白と黒がある。成鳥でも  ヒヨコ同様に綿毛になっている。 足の指が、普通のニワトリと同じ前向き3本に加え、後ろ向きの指が普通のニワトリの1本に対し2本(3本)あり、計5本(6本)あるのも大きな特徴である。一般的な鳥類は指の数が4本であり、5本(以上)ある種類は本種のみである。
一般的なニワトリのみならず、鳥類全般から見ても特異な外見的特徴から、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価である。



せっかくのものなので、まずは 生で
2013-10-4ウコッケイの卵③


それから 茹で卵にしました。

2013-10-4ウコッケイの卵②
 

確かに 濃厚なお味でした
ついでに お値段は如何ばかりかしら…?と 
ネットで調べてみたところ
なんと 1個 ¥300代~¥400代  ビックリするお値段のものでした

まぁ まぁ まぁ~  Fさん 有難うございます~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR