プラタナス

うちの前の街路樹は、「プラタナス」
正式にはスズカケノキ、樹皮が特徴的な 大きな落葉広葉樹です。
毎日、1年中、部屋の窓から見える身近な存在なのです。

冬が近づくと、枝を短く切り落とされ、ちょっと痛々しい感じになります。
が、春になると、確実に若葉が芽吹き、夏になると、もうこんな うっそうとしてー、
秋の紅葉もまた、いい感じに色づきます。
四季の移ろいを身近に感じさせてくれる大好きな木です。


CIMG4948プラタナス

ちなみに、向こう側に見えるオレンジ色のテント、そこがうち「アトリエ リーフ」です。

CIMG4950ぷらたなす
反対側から見たお姿。
「青空とプラタナス」 いいマッチングです~~!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プラタナス万歳

街路樹を愛してくださって、ありがとうございます。
市内のプラタナスは、数年前まで丸坊主でしたが、最近は枝が残されるようになり、花や実をつけるようになりました。
プラタナスの花、もうすぐ咲きますね。
小さくて目立ちませんが、とてもかわいらしくて可憐な花です。
プラタナスは、学問の木でもあり、医学の木でもある。
そんな木の多い能代の街並みは、とても素敵だと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR