嫁見まつり

12日は 近所の日吉神社で 中の申(ナカノサル)祭 宵祭りの日で
「嫁見まつり」 というイベントがありました。

私が子供の頃は、この宵祭りには たくさんの夜店が出て賑わっていた記憶がありますが…??
この花嫁の行列スタイルは、昭和40年代に始まったものらしいです。

良縁感謝と 幸福祈願の為 艶やかな婚礼衣装に身を包んだ女性が集う
という 独特のお祭りです。


境内 入口からのスタートです。
 
2014-5-12嫁見祭り


静々と参道を 歩きます。
2014-5-12嫁見祭り②


後ろ姿も 美しいです。
2014-5-12嫁見祭り③


神殿前での集合写真
華やかで いい雰囲気です

2014-5-12嫁見祭り④


11人の花嫁さんのうち、2人と知り合いだった事もあり、
カメラを持って、駆けつけたわけですが―、

今回改めて思ったこと
それは、神社に集まった大勢の人たちは 
そのほとんどが 参加者の家族友人 また この近所(中心市街地)の人たちだったと思います。

こんなステキなイベントを 中心市街地だけのものではなく 
せめて より多くの能代市民に 知っていただきたい 見ていただきたいと。

もっと足を運んでいただく為の手段を 考える必要がある…と思いました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR