レインボウキーウィ

珍しいキーウィをいただきました。
 福岡の八女で育った その名も 〈 レインボウレッド 〉

CIMG1764縮小


 表面に毛が無くてー、
 切ってみたら、中心部が赤くて 太陽のように見えます。

 口に入れて見たら、 ビックリするほど甘い
 ヨーグルトと一緒に食べて見たら、
 キーウィの甘さが引き立って と~っても 美味しかったです

CIMG1768縮小トリミング

   早速 ネットで調べてみましたら―、

   キーウィは 20世紀初頭に、原産国の中国から ニュージーランドへ移り、広く栽培されるようになり…、
    日本へは 1960年代に種子が導入され、その後 高品質なキーウィフルーツの栽培が進んできたとのこと。

   やっぱり 日本人の研究熱心さは 素晴らしい! 

   それにしても―、旬の珍しいもの ・ まさに「ごちそう様」です
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR