絵手紙とは・・・

はじめて 絵手紙講座に参加しました。

 場所が 白神山地のふもとの「八森」であることが 参加理由のひとつ、
 加えての理由は、 指導講師が 地元の絵画展でお馴染の方であったこと。

 同席した方々は なんと 全員 絵手紙サークルのお仲間同士ということで
 初心者の私は 周りの流れについて行くのが必死でした

 鉛筆でデッサンするものと思いきや
 墨を含ませた筆で下絵を書くとは そんなことすら知らず…

 墨の筆を如何に使うか、 失敗しても消せないし…
 もっとも難しい点でした。

DSC01609トリミング縮小


最初の「ピーマン」は下絵が最悪
3枚目の「花束」は ようやく筆の扱い方が 少~し慣れてきたような???

さらに 文字を書き添えることで またまた四苦八苦
その上 ゴムを削って てん刻づくり
と 盛りだくさんの内容でした。

DSC01610トリミング縮小DSC01611縮小



その後 徒歩数分の茅葺きの古い家をスケッチしに出かけ
戻ってきて色づけするという かなり高度な内容に
まったく初めての私には 無謀とも思える挑戦でした。

が 先輩たちの絵を見られたことは 収穫でした。

DSC01600トリミング縮小


海沿いの帰り道は気持ちよくって
車を止めて 日本海に向かって深呼吸

DSC01607縮小②

海と山に囲まれた「八森」は うちから車で30分ほどの 好きな町です

いい1日を過ごしてきました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR