待望のモネ展

早朝に自宅を出て 新幹線に乗り お昼ごろ上野駅で下車。
 東京都美術館へ行ってまいりました。

 紅葉の上野公園内を散策したかったのですが
 あいにくの雨で どんよりとした空模様だった為

 まっすぐ 目的の美術館へ直行しました。

DSC02810トリミング縮小

  待望のモネ展 目前に胸が高鳴ります。

  美術館内のカサ置き場 チケット売り場 展示室 
  すべての場所において行列をなすという 混雑ぶりでした。

  が 待望の機会でしたので、じっくり鑑賞してまいりました

DSC02877トリミング縮小

200点以上あるという有名な「睡蓮」ですが 今回は 8点の出展でした。

私は 過去に 別の美術館で10点以上の睡蓮を鑑賞していますが、
今回見た睡蓮には 涙が出そうになりました。

それが この入口のパネルにも―。
画家直筆の 心が入った絵の力というのは なんと素晴らしいものか…
改めて 感動しました

DSC02813トリミング縮小



帰宅後、購入してきたポストカードを眺め、
実物を見た時の感動を また思い出します。

DSC02882トリミング縮小


展示期間が限定されていた「印象 日の出」は
残念ながら 今回見ることが出来ませんでした。

せめてもー、と思い プリント画を購入してきました。

DSC02879トリミング縮小
 
  「モネ直筆の本物」は やはり 感無量でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR