癒しのブナ林 散策

9月末以来 同じ場所へ
待望の紅葉を見にやってきました。

藤里の世界遺産センターから バスで1時間半くらいの
青森県境付近の釣瓶落とし峠は
やはり紅葉が1番美しいと思います。

DSC_1542縮小


藤里駒ケ岳のふもと 田苗代湿原に向かうこの辺りは
紅葉があでやかでした。

DSC_1560縮小


その後 大好きな 岳岱へー、

ブナの黄葉と 足元の落ち葉に心躍ります。

DSC_1564縮小



岳岱のシンボル400年ブナは 
何度見ても その神々しさに感動します。

DSC_1568縮小



横たわった倒木も 
紅葉と苔とが相まって 神秘的な美しさがあります。

DSC_1578縮小


森青ガエルの池も 
10月末になるとまた 深~い色になってステキです。

DSC_1583縮小


美しいこのブナ林では
足を止めて じっくり眺めたり 写真を撮ったりしたいし
腰掛けて しばらく佇んでいたいのですが・・・
 
何せ ガイドさんを先頭に10人の行列をなしているので
自由行動がままならないのがつらい所です

DSC_1579縮小


足元には 切り株の上の苔と落ち葉
センチメンタルな光景にグッときます。

DSC_1598縮小


上を見上げると 青空をバックに美しい葉色~~
元気をもらえます。

DSC_1602縮小


光が差し込むとまた 逆光のシルエットがステキです。
DSC_1610縮小


樹齢数百年の古木には 圧倒され・・・
世代交代とともに 「森の命」を実感します。

DSC_1620縮小


同行した方が 写真を撮ってくださいました。
DSC_1623縮小

ブナの二次林と しあわせな私
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR