突然の初雪

朝は青空が見えて 気持ち良い晩秋と思っていたら―、
DSC_1371トリミング縮小


午後 突風とともに バチバチという音が聞こえ
DSC_1376トリミング縮小


地面が うっすら白くなりました。
ほんの一瞬のアラレではありましたが…、

DSC_1378トリミング縮小

あぁ いよいよ 秋から冬へ移ろう時期が来たんだ
と ちょっぴり 寂しい気持ちになりました。

せめてイチョウがきれいに紅葉するまで 
待ってほしいものです

晩秋トレッキング

待望の 「紅葉の留山」を歩いてきました。

小雨混じりの あいにくの天候でしたが―、
“山の稜線とブナの黄葉” 

DSC_1344縮小


上を見上げると すでに落葉した木々も多く
“晩秋”を感じます。

DSC_1351縮小


フジづるがびっちり巻き付いた木を見ると
“共存”の厳しさと美しさを実感!

DSC_1353縮小


足元には 落ち葉とみずみずしいグリーンのコントラストがステキ!
DSC_1356縮小


つかの間の青空に 紅葉が映える~
DSC_1359縮小



老木には キノコがたくさん くっついていたり

DSC_1360縮小



様々な紅葉の違いが見られる留山は
まさに植物の方宝庫です。

DSC_1361縮小


ハラハラと 宙を舞い散るカエデの葉が1枚
倒木の上に 舞い降りました。

DSC_1363縮小


帰りに立ち寄った“白滝神社”
紅葉の中の滝は また趣があります。

DSC_1367トリミング縮小

雨脚が強くなってきた為 
三十釜行きは断念せざるを得ませんでしたが―、

晩秋の自然に包まれて 楽しい時間でした

癒しのブナ林 散策

9月末以来 同じ場所へ
待望の紅葉を見にやってきました。

藤里の世界遺産センターから バスで1時間半くらいの
青森県境付近の釣瓶落とし峠は
やはり紅葉が1番美しいと思います。

DSC_1542縮小


藤里駒ケ岳のふもと 田苗代湿原に向かうこの辺りは
紅葉があでやかでした。

DSC_1560縮小


その後 大好きな 岳岱へー、

ブナの黄葉と 足元の落ち葉に心躍ります。

DSC_1564縮小



岳岱のシンボル400年ブナは 
何度見ても その神々しさに感動します。

DSC_1568縮小



横たわった倒木も 
紅葉と苔とが相まって 神秘的な美しさがあります。

DSC_1578縮小


森青ガエルの池も 
10月末になるとまた 深~い色になってステキです。

DSC_1583縮小


美しいこのブナ林では
足を止めて じっくり眺めたり 写真を撮ったりしたいし
腰掛けて しばらく佇んでいたいのですが・・・
 
何せ ガイドさんを先頭に10人の行列をなしているので
自由行動がままならないのがつらい所です

DSC_1579縮小


足元には 切り株の上の苔と落ち葉
センチメンタルな光景にグッときます。

DSC_1598縮小


上を見上げると 青空をバックに美しい葉色~~
元気をもらえます。

DSC_1602縮小


光が差し込むとまた 逆光のシルエットがステキです。
DSC_1610縮小


樹齢数百年の古木には 圧倒され・・・
世代交代とともに 「森の命」を実感します。

DSC_1620縮小


同行した方が 写真を撮ってくださいました。
DSC_1623縮小

ブナの二次林と しあわせな私

秋色フルーツ

旬の果物を頂戴しました。
美しいです!
絵心がくすぐられます

DSC_1504トリミング色補正縮小

すぐに描かないと 美しさが損なわれてしまうから―、
こうして写真に収めておきます。

こうして 題材の写真は沢山ストックしていますが…
なかなか 描くまで至らず…

いつか いつかって
いつ 絵に集中できる日は来るのでしょう

市民体育館前 初秋

月末の銀行帰り

決まって立ち寄る近くの公園は ステキな穂ものがいっぱいで
中へ入って行くためには それらを踏まねばならず・・・
心が痛みました

DSC_1361縮小



カヤ、シバ、エノコログサ・・・
穂ものは大好きです

DSC_1363縮小



初秋の色・・・
DSC_1366縮小



市民体育館前の寄り添う大ケヤキは まだ緑がいっぱい
いつ見ても 感動する木です

DSC_1372縮小



横の桜の木を見上げると 
一足早く色づいている葉があり・・・

DSC_1376縮小



花壇には 自然な感じで秋草が咲いていました。
DSC_1370縮小



道路沿いの柵に 可愛いものが絡んでいます。
実付きのつるって  とってもステキ~~

DSC_1381縮小



秋への移ろいを実感できる この近所の公園
後ろ髪を引かれつつ あとにしました。

DSC_1384縮小

大好きな秋  いい季節です
sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR