ほっこりカボチャ

てづくりのカボチャケーキをいただきました。

見た目の美しさに感動しましたが
しっとりしていて とっても美味しい~~
ほっこりした気持ちになるケーキです。
Yさん ごちそう様です
DSC_3351トリミング縮小

ちなみに こちらは鑑賞用のカボチャ
可愛い~~
DSC_3359トリミング縮小


カボチャは見た目もお味も
ほっこりした気持ちになります

うちの子(猫)達・秋

朝夕の気温が10℃前後のこの頃
いよいよ 暖房機をつけ始めました。

寒がりのうちの子たちには、冬用のベッドを出しました。

これは3年目で だいぶくたびれているので
新調してあげたいなと思いつつ…、

みちるは早速入って 丸~くなってお休み中。
DSC_3216トリミング縮小


沙耶は首をもたれて おやすみ中。
上から見ると 
つくづく沙耶の細さが歴然ですが
DSC_3220トリミング縮小

うちの子たちが揃ってお休みしている姿には
本当にホッとします

出会い

障害の有無の垣根を越えて
皆で音楽を通してつながろう という
そんな主旨のコンサートです。

なんと 35回目という
これまで継続してこられたスタッフの方々へ
敬意を表したいと思います。
DSC_3298トリミング縮小

音楽グループの友人や 地元の支援学校の方々との関わりがあることから
今年も 出かけてきました。
DSC_3301縮小

このコンサートを通して 
私なりの 「出会い」を感じてまいりました。
いい時間を過ごしました

森吉山の紅葉


かねてより行ってみたかった「阿仁ゴンドラ」へ―!
DSC_3291縮小


ゴンドラから見下ろす景色は
今がまっ盛りとのことで
DSC_3253縮小


錦絵のような美しさでした。
DSC_3288縮小


ゴンドラを降りてから 少し歩くと
遠くの山並みが美しい!
DSC_3261縮小


植物は 紅葉の時期を過ぎてはいましたが
その枯れ色もまた美しい!
DSC_3262縮小



更に登山道を登って行きました。
向こうに見える青空と この木道を見ると
登らずにはいられません。
DSC_3264縮小



空が美しい!
DSC_3266縮小



バスツアーの 限られた時間の為
そろそろ下山です。

穂ものが大好きな私は
ここを歩いていると ひとりでに鼻歌が出るくらい嬉しかったです。
DSC_3275縮小



またゴンドラに乗って 降りてきました。
DSC_3292縮小


秋の紅葉は本当にステキです。
そして つくづく思ったことは
やはり 山は歩くのがいい―と

ラッピング

出産祝いの贈物のラッピングを―、
との ご依頼をいただきました。

ダークブルーの箱色を生かすようにしつつ

ラッピングペーパーは 
ベージュピンクとメッシュの2種類をダブル使いで
可愛いプリントのリボンは やや斜め位置に取り付けました。
DSC_3223トリミング縮小②

宅配便で送るということなので、
サイズに合わせた段ボール箱をつくり
実は この箱作りが1番大変な作業なのです。

最後の梱包作業の段階になって
あわてて 大急ぎで写真撮影をしました。
なので 写真が「今ひとつ」ですが…、

ギフトラッピングは
贈る側と受け取る側の橋渡しをする為の大切な要素!
と 改めて想いました

sidetitleプロフィールsidetitle

武田 寿子

Author:武田 寿子
 
駒沢大学英米文学科、
マミフラワーデザインスクール卒業後、都内で約25年間、
様々な花のシーンでの
仕事に携わる。

ファッションブランドのイベント、TV、雑誌での
フラワーディスプレーや
各種のCM撮影。
ホテルウェディングの仕事。
銀座のギャラリーにおいては
長年ウィンドウディスプレーを受け持ち、
他方、玉川高島屋にて、数年間に渡り、ドライアレンジメントを委託販売した。
同時に、自宅を含む3箇所で、フラワーアレンジメント教室を主宰し、教室の発表会も数多く主催した。

2001年春、
郷里 秋田県能代市に居を移し
同9月に、教室とショップ
「アトリエ リーフ」
オープン。
生花とプリザーブドフラワー等を用いたアレンジメントを
制作している。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR